結婚報告の年賀状は手作りよりも印刷業者を利用すべし!

現役ウエディングプランナーのマリコです。
今回は結婚式を終えた時にみなさん作られる結婚報告タイプの年賀状について話しますね。

まず、けっこう手作りしたいと思っている夫婦(特に女性)が多いですが、
せっかくきれいな写真データがあるなら手作りではなく、
多少お金をかけてもプロの年賀状印刷サービスにお任せしたほうがいいです。

家のプリンターではどうしても出力に限界があるので、
画素数の高い良い写真データがもったいなくなってしまうんです。

また素人感が良いという意見もなくはないんですが、
比較して場合にどちらがいいかというとそれは文句なくプロが作ったもの、ではあるのは間違いないんですね。

なので、私としてはどうせならウェディングドレスや白無垢、ハネムーンのきれいな写真を活かすべく、手作りではなくてプロに依頼するのがベストと言わざるを得ないのです。

お金をケチらないほうがいい

毎年の年賀状とは明らかに違う結婚報告タイプでは、
絶対に料金をケチらないほうがいいです。

せっかくご祝儀もあって多少潤っているご家庭もあるでしょうし、
結婚式に来てくださった方のためにもこういうところでお金をかけるべきです。

そのほうがゲストも更に大切にしてくれている感が感じられ、
嬉しく思うものなんですね。

逆に代わり映えしない年賀状が届いても、
悲しく思うことは無いにしても特にインパクトにも残らないでしょう。

一生の想い出、作品になる

これはお金をケチらないとも通じてきますが、
いい年賀状を作ればそれが一生の思い出として形で残ります。

しかも10年、20年と保存しても色あせない加工もできますので、
自分たちの結婚式がそれを見るたびに思い出せれるわけですよね。

これって最高の自分たちへのプレゼントでもあるわけです。

一生に1度しかないであろう結婚報告の年賀状、、、
誰にも負けない、そして最高の作品にしたほうが良くないですか?って話です。

デザインタイプは複数用意したほうがより良い!

結婚報告タイプのものでは特にそうなんですが、
送る先でデザイン、内容を分けたほうが良い場合があります。

親戚、友達、参列できなった友達、スピーチ担当などなど。

また行き遅れていてそれをコンプレックスに感じている女友達なんかには
あまり刺激の強くないものを用意したほうが波風立ちませんよね。

そういう細かいところまで気使うのが大人ってもんです。

でもこれを手作りで何タイプも・・・というのは大変なわけで、
こういう理由でもプロにお任せしてしまったほうが楽になるんです、はい。

更にワンポイントアドバイス!宛名書き

最近では年賀状の宛名はプリンターで印刷したり、
年賀状業者でも印刷してくれたりと、手書きはしない風習も多いですよね。
でもこれは実はやらないほうがいいかもしれません。

というのも、心の籠った年賀状と感じやすいのは、
宛名を手書きしてくれた場合のほうがより顕著に出やすいんです。

やや面倒でも、そして多少汚くてもいいので、
心を込めて宛名を手書きしてみませんか?
またそれに一言付け加えるのもとっても喜ばれる行為です。

じゃあどこで年賀状を作ればいいのか??

結婚式の際に年賀状作成まで見越してプランに入れているところもありますが、
それを利用していない場合はやっぱり結婚報告を専門としているはがき業者に依頼するのがベストです。

これなら手作りではないにしても、
手作り風のオシャレでかわいいデザイン枠もいっぱいありますし、
なによりもこぎれいで送った方のウケが全然違ってきますから)^o^(
で、特におすすめなのが以下の通りです。

  • ソルトウェディング

    結婚報告ハガキを専門に扱っているネット注文サービスの1つであり、
    デザイナーズ系の最高峰と言えます。

    とは言っても割高な料金を吹っかけられるわけではなく、
    値段の割に品質が最高峰!という意味ですね。

    20種類のデザインまでは追加料金も不要ですし、
    いろんな人にいろんなタイプの年賀状を作りたいという願望にも応えてくれます。

    写真がここまで映える結婚報告年賀状もそうないと思いますよ。
    年賀状が1つのアートへと変わります。

  • アンビエンテ

    http://www.hxg.co.jp/amb/post/
    こちらもデザイナーズ系の印刷サービスになりますので、
    写真がめちゃくちゃキレイに見せられます。

    複数種類作っても料金が上がらない。。。
    というわけではありませんが、
    (2タイプまで基本料金かからずに作れます)

    宛名印刷がサービスとなっているのでそこは嬉しいですよね。

    普通の年賀状よりも厚みのある紙に印刷したものは、
    家のプリンターでも印刷するのが難しいので
    このサービスが良いと思うならアンビエンテもアリですね。

  • コラボ・ウエディング

    http://www.clab-w.com/

    3種類の年賀状を実際にお試し印刷し、
    その良し悪しで1つに絞ることができる印刷サービスです。

    また宛名印刷も無料ですので、
    アンビエンテにけっこう似ていますかね。

    数種類作った場合は基本料金が加算されていくので向いていませんが、
    入魂の渾身の1枚を!というスタンスの際に利用されてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ